Tagged: 馬場傾向

★YT芝

【馬場傾向】2021/03/14[中山][阪神][中京]

中山芝
今週土曜日は、超低速馬場。

トラックバイアスは、前有利になりやすい状況も、ペース勘案の上では傾向なし。
馬場が超タフなため、最後の直線を迎える時点で各馬体力がほとんど残っていない状況。
先行馬がそのままなだれ込みやすいわけではあるが、騎手意識が伴ってハイペースとなり、結果差し決着になっていたレースも複数見られた。
ただ、未勝利・1勝クラス辺りまでなら、先行馬のなだれ込みになりやすいと見る。

ブラッドバイアスはタフめなタイプが優勢。
が、血統適性というよりは、馬場を熟せるかが重要な因子。(※全体として見れば、欧州的なタフさのある血統ほど熟しやすい傾向はある)
また、キックバックがダート並な状況でもあり、ダート指向強めの馬や、ダート好走歴のある馬の激走傾向も見られた。

★YT芝

【馬場傾向】2021/03/13[中山][阪神][中京]

中山芝
先週日曜日は、低速馬場。トラックバイアスは、内外は内有利。前後は前有利。

週中の降雨に因って、馬場の表面的な緩さが目立っており、上がりが出しにくい状況。
開幕2週目なこともあり内ラチ沿いの荒れなどはみられないので、内を通って先行した馬がそのまま残る展開が多く見られた。

8Rの芝1600m戦では、ペースがある程度流れていたがそれでも差し決着にはならなかったように、今の馬場状態で渋ると相当な前有利が作用する様子。
また、当レースはダート指向の強い馬の上位決着となっており、ダート的な要素が求められるイレギュラーな状況でもある。

★YT芝

【馬場傾向】2021/03/07[中山][阪神][小倉]

小倉芝
今週土曜日は、超低速馬場。トラックバイアスは、イーブン。
内ラチから10頭分ほどの荒れが特に激しいが、それより外側もある程度傷み・緩さがある。相対的な荒れ具合の差はこれまでよりも小さい印象。

内外の有利不利は、明確な傾向として識別できるものではなく、緩め・タフめな馬場への適性がある馬は内を突いた方がベターで、そうではない馬は外を回った方がよい。
前後の有利不利も、特になし。が、土曜日は比較的ペースが落ち付き気味で、結果として前に位置していた馬が好走しやすい傾向が見られた。

★YT芝

【馬場傾向】2021/03/06[中山][阪神][小倉]

中山芝
先週日曜日は、高速馬場~超高速馬場。下級条件においては前者、上級条件が後者。
これは上級条件(後半で試行されるレース)のほうが、日中の晴天で水気が飛ぶこと、馬場の緩さを熟せるだけの基礎体力があることに依る。
2回中山開催の開幕週でこのような馬場(…路盤が超硬く馬場が緩い)は近年で見たことがなく未知数なため、今後の馬場状態遷移は要注目ポイント。

★YT芝

【馬場傾向】2021/02/28[中山][阪神][小倉]

小倉芝
今週土曜日は、低速馬場。
トラックバイアスは前半レースは外有利、(馬場荒れと伴う外有利を騎手が意識し始めた)後半レースはイーブン寄りも、やや外有利。
しかし、荒れ馬場を苦にしないタイプの馬は敢えて内を通って距離ロスを抑える乗り方もあり。

芝1200mにおいては、(外目の)ある程度の位置を追走した馬が、この日あった当該条件3レースいずれでも勝利していたように、
先行しても失速するほど馬場が荒れているわけでもなく、しかし差し馬が33秒台の上がりを出せる馬場状態でもないため、このスイートスポットがねらい目。

★YT芝

【馬場傾向】2021/02/27[中山][阪神][小倉]

小倉芝
先週日曜日は、高速馬場。

トラックバイアスは、1800m以上だとやや差しが優勢。1200mは複雑な状況…。内外は特になし。
先週の日曜日は、同土曜日と比べて馬場が速くなって(回復して)おり、速めの時計での決着となっていた。
馬場の荒れ具合としては、前半はかなり硬めな印象を覚えたが、後半は(内ラチ寄りであるほど)荒れが目立っていて、11R小倉大賞典では最内レーンは死にレーンだった様子。

★YT芝

【馬場傾向】2021/02/21[東京][阪神][小倉]

小倉芝
今週土曜日は、中速馬場。
トラックバイアスは、イーブン。内から5,6頭目あたりまで馬場の荒れ・痛みが目立つ。
騎手意識としても「外有利」というのは頭にあるため、それらのレーンは基本通らず、結果、全体的に馬群が内ラチを避けて走っている状況。
12Rでは逃げた馬がかなり内を空けて走ったため、馬群全体が外に寄れ、差し馬の一部は外ラチ沿いまで進出。
ここまでくると物理的なロスが大きいためか、15番人気馬の逃げ馬が3着に残る波乱の展開。馬場レーン選択は以後も重要になりそう。

★YT芝

【馬場傾向】2021/02/20[東京][阪神][小倉]

阪神芝
先週日曜日は、超高速馬場。トラックバイアスは、内回りは内有利。外回りは特になし。前後は、内外回りを問わず、特になし。
ブラッドバイアスは、日本型高速・芝主流血統が優勢。中でもやや欧州指向のあるタイプ(エピファネイア産駒やルーラーシップ産駒、ハーツクライ産駒)の活躍が目立っていた。
特に外回りにおいては、実力を出しやすく、大きなバイアスも存在しないため、堅めの決着が多め。

★YT芝

【馬場傾向】2021/02/14[東京][阪神][小倉]

小倉芝
今週土曜日は、高速馬場~超高速馬場。1200m以下はかなり速い時計が出るが、それ以上の距離は比較的遅めの時計。傾向も少しずれている印象。
トラックバイアスは、特になし。先週と比べ、路盤が硬くなっているほか、馬場も硬く整備されている。
が、土曜日最終レースでは若干ではあるが芝が掘れてきている印象もあり、早ければ明日日曜日から、外有利傾向が出始めるものと思われる。

★YT芝

【馬場傾向】2021/02/13[東京][阪神][小倉]

東京芝
先週日曜日は、超高速馬場。トラックバイアスは、1600m以下だと内有利気味。それ以上の距離だとイーブン。
ブラッドバイアスは日本型主流血統が大きく優勢。ディープインパクト産駒の好調も先週から引き続いている。
今週土曜日は、超高速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、先週同様の想定。