【競馬db作成】[初級2]①予想ファクターをTARGETに取り込む2通りの方法

ページ概要

この章(初級2章)では、初期状態のTARGETで分析できないデータを取り込み、分析できるようにする方法を掲載しています。
その中でもこの記事では、独自予想ファクターをTARGETに取り込む2通りの方法について、概要をまとめています。
 
 

2方法の概要

独自の予想ファクターをTARGETに取り込む方法は、2通りあります。
 

レース印・馬印

レースを分類するための指標として「レース印」、同じく出走馬のそれとして「馬印」を設定することができるようになっています。

馬ごとのデータ画面で見ると、レース印(赤枠)と馬印(青枠)が下画像のように表示されます。
馬データスワーヴリチャード
(レース印にはレースレベルや馬場タイプなど、馬印には、印評価や調教情報などを設定できます。)

 
もう1つの方法である外部指数と比べると、設定・検索が比較的簡単に済みます。
ですので、どちらかを選ぶ必要があるなら、こちらから始めてみることをお勧めします。
 

外部指数

外部指数を用いることでも、同じく分析対象とすることが可能です。
 
外部指数は、(馬印・レース印と比べて、)ファクターの細かな分析が可能になります。
その分、少し細かな設定をする必要があり、データの扱い難度も少し高くなります。
 
 

出馬表画面サンプル

2方法のデータの出馬表画面のサンプルを見てみましょう。
 

レース印・馬印

レース印(赤枠)、馬印(青枠)。
出馬表2019有馬記念
 
設定したレース印・馬印については、このようにファクターとして確認できるようになります。
また、データ分析対象とすることも可能になります(後述)。

レース印の設定・分析方法の詳細については、「初級2-A」章。
同じく馬印は、「初級2-B」章として一連の流れに沿って、まとめていきます。

 

外部指数

紫枠のように、指数値とその順位で表示させることができます。
外部指数_出馬表

外部指数の設定・分析方法の詳細については、「初級2-C」章としてまとめていく予定です。

 
 

データ分析サンプル

2方法のデータの分析画面サンプルを見てみましょう。
 

レース印・馬印

レース印として例えば、当サイト独自予想ファクターの「馬場タイプ」を設定したとします。

すると、JRA発表の馬場状態とは別に、「馬場タイプ」ごとの各種成績をTARGETで分析できるようになります。

 
※画像は、ディープインパクト産駒の東京芝の、馬場タイプ別成績です。
データ分析レース印

 
また同じく、馬印として気温タイプの「適正評価印」を設定すれば、適正評価印ごとの成績を分析できるようになります。

 
※下画像は、ディープインパクト産駒の、気温タイプ評価の印別成績です。
データ分析馬印

 

外部指数

外部指数として例えば、馬場タイプの「適正評価得点」を設定すると、同じく「適正評価得点」ごとの各種成績を分析できるようになります。
外部指数_レース分析
 
 

管理人Aの取り込み状況

管理人Aは、2通りいずれの取り込み方も使っています。上記の特徴を踏まえ、そのファクターに適切な取り込み方法を選択しています。
調教指標は馬印、馬場設定はレース印、各種評価得点は外部指数、といった感じです。
 
 

最後に

それぞれにメリット・デメリットがあります。ご自身のやりたいことに応じて、適切な方法を選んでもらえると幸いです。