【馬場傾向】2021/02/28[中山][阪神][小倉]

※今週土曜日時点の馬場から想定しています。

中山

土曜夜から日曜にかけては、晴れ予報。

中山芝

今週土曜日は、中速~高速馬場。
トラックバイアスは、前半は特になし。後半は内有利・やや前有利。
路盤は硬めな印象も、馬場が少し緩めで、傷みの進行速度が早めな開催になりそうな印象。
ブラッドバイアスは、日本型の中でも少し欧州指向強めなタイプ。

今週日曜日は、高速馬場想定。
トラックバイアスは、内有利、ブラッドバイアスは特に想定なし。

中山ダート

今週土曜日は、超低速馬場。トラックバイアスは特になし。ブラッドバイアスは、やや米国指向的。
直線向かい風の影響を受け、上がりタイムが掛かりやすい一日だった。
今週日曜日は、超低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

阪神

土曜夜から日曜にかけては、晴れ予報。

阪神芝

今週土曜日は、超高速馬場。トラックバイアスは、やや内有利。ブラッドバイアスは大きな傾向なし。
今週日曜日は、超高速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、特に想定せず。

阪神ダート

今週土曜日は、低速馬場。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、特になし。
今週日曜日は、低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

小倉

土曜夜から日曜にかけては、晴れ予報。

小倉芝

今週土曜日は、低速馬場。
トラックバイアスは前半レースは外有利、(馬場荒れと伴う外有利を騎手が意識し始めた)後半レースはイーブン寄りも、やや外有利。
しかし、荒れ馬場を苦にしないタイプの馬は敢えて内を通って距離ロスを抑える乗り方もあり。

芝1200mにおいては、(外目の)ある程度の位置を追走した馬が、この日あった当該条件3レースいずれでも勝利していたように、
先行しても失速するほど馬場が荒れているわけでもなく、しかし差し馬が33秒台の上がりを出せる馬場状態でもないため、このスイートスポットがねらい目。

前述芝1200mに限らず、馬場の傷みがさほど見られないレーン(…馬場荒れの少ない外めレーンの中で最内)を、ある程度の位置で追走した馬が好走しやすい(=勝ちパターンのセオリーが存在する)状況にある。そのため、馬場状況に依る有利不利の程度は大きくなりやすい状況だが、それとの比較の上では波乱傾向は低めで、堅め決着のレースも散見された。

ブラッドバイアスは、欧州指向強いスタミナタイプ優勢で、特に1800m以上の距離で顕著。1200mはそれよりややイーブン寄り。

今週日曜日は、土曜日より馬場回復が見込まれるため、中速馬場想定。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは、前日同様の想定。

小倉ダート

今週土曜日は、超高速馬場。トラックバイアスは特になし。ブラッドバイアスは米国指向がやや高め。特に1000mで顕著。
今週日曜日は、高速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。