【馬場傾向】2021/01/16[中山][中京][小倉]

※先週月曜日時点の馬場から想定しています。

中山

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

中山芝

先週月曜日は、中速馬場。トラックバイアスは、基本イーブンで、下級条件ではやや外有利な印象。インで脚を溜めるよりは、スムーズな加速・持続的末脚が求められている。
ブラッドバイアスは、欧州的なスタミナ。
今週土曜日は、中速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、先週同様の想定。

中山ダート

先週月曜日は、超低速馬場。トラックバイアスは、特になし。ブラッドバイアスは1200mは米国指向強く、それ以外は特になし。
今週土曜日は、超低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

中京

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

中京芝

先週月曜日は、中速馬場。開催の進行に伴う馬場状態悪化がうかがえる。

トラックバイアスは、かなり差し優勢。中京競馬特有の、最後の100m辺りで一気に前後が入れ替わる差し競馬が多く見られた。
残り6-800mから仕掛け始めた馬が失速し、ぎりぎりまで追い出しを待った馬が差し切るイメージ。
これについては、開催序盤の「高速馬場・内有利・前有利」に騎手意識が置かれている中で、馬場状態がそうではない(中/低速馬場・外有利・差し有利)場合に発生するもの。
次日あたりまではこの傾向が続き、その後はスローペースからの差し脚勝負傾向に移行していくものと想定される。

内外はイーブン。内めは荒れてきている印象だが、ダート・欧州指向強めの馬などは苦にせず走れている印象。
きれいな馬場が得意な馬は距離ロスを受け入れてでも外を回した方が、現状ではベター。

ブラッドバイアスは、やや欧州指向。10Rで14番人気1着のメイショウサムソン産駒や、12Rで16番人気5着のナカヤマフェスタ産駒など、比較的馬場の荒れてきている内目を苦にせず走れるタイプの好走が増えてきている傾向。
また、ダート替わり馬や、日本型ダート血統馬の活躍も目立っている。伴って、大型馬(パワータイプ)の活躍も多め。対照的に、高速馬場好きな血統は不振。

今週土曜日は、中速馬場想定。トラックバイアスは、外めやや有利・差し有利想定。ブラッドバイアスは、先週同様を想定。

中京ダート

先週月曜日は、低速馬場。トラックバイアスは、やや差し有利。内外は特になし。ブラッドバイアスは、米国指向強め。
今週土曜日は、低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

小倉

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

小倉芝

今週土曜日は、高速馬場想定。バイアスは特に想定せず。

小倉ダート

今週土曜日は、中速馬場想定。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。