【馬場傾向】2020/12/26[中山][阪神]

※先週日曜日時点の馬場から想定しています。

中山

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

中山芝

先週日曜日は、超低速馬場。トラックバイアスは、内外は、外有利。内馬場が荒れているわけではなく、馬場がかなりタフなためイン追走・瞬時に加速し(馬群割って)抜け出す競馬がしにくい状況のため、物理ロスを伴ってでもスムーズな加速が求められている印象。前後は、差し有利。
ブラッドバイアスは、欧州的なスタミナ寄り。ただし、日曜日10Rの1200mは米国指向強めだった。
今週土曜日は、超低速馬場想定。トラックバイアスは外有利、ブラッドバイアスは欧州寄りの想定。

中山ダート

先週日曜日は、超低速馬場。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特になし。
今週土曜日は、超低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

阪神

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

阪神芝

先週日曜日は、超高速馬場。トラックバイアスは、内有利。特にレースレベルが高くなってくると顕著。前後はやや前有利。
日曜日に9,11Rと行われた1600m戦では、(平均で見ればそうなることが多い外差しではなく)内を先行し持続力を活かす競馬が求められる、阪神芝1600mの中ではややイレギュラーな適性を求められる競馬となった。
ブラッドバイアスは、日本型優勢。1600m以下では、高速決着に強い米国スピード血統や、Frankel産駒の活躍が目立っていた。
今週土曜日は、高速馬場想定。トラックバイアスは内有利気味、ブラッドバイアスは特に想定せず。

阪神ダート

先週日曜日は、低速馬場。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特になし。
今週土曜日は、低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。