【馬場傾向】2020/12/19[中山][阪神][中京]

※先週日曜日時点の馬場から想定しています。

中山

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

中山芝

先週日曜日は、低速馬場。トラックバイアスは特になし。1200mや1600mにおいては、やや内有利感あり。
ブラッドバイアスは、欧州系優勢。人気薄で激走していたのは、ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、アドマイヤムーン産駒など、日本主流血統のうち、中心から少しずれたキングマンボ(ミスプロ)要素が強めのタイプ。
今週土曜日は、低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、先週同様の想定。

中山ダート

先週日曜日は、低速・超低速馬場。トラックバイアスは、1800mは外・差し有利。それ以外は大きな傾向なし。
ブラッドバイアスは特になし。
今週土曜日は、低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

阪神

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

阪神芝

先週日曜日は、高速・超高速馬場。トラックバイアスは、特になし。ブラッドバイアスは、芝王道血統が優勢。
今週土曜日は、高速・超高速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、先週同様の想定。

阪神ダート

先週日曜日は、中速・低速馬場。気温が下がってきたことに従って、ダートの砂質もタフになってきた印象。
トラックバイアスは、特になし。ブラッドバイアスは、米国型ダート血統がかなり優位。
今週土曜日は、低速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。

中京

金曜夜から土曜にかけては、晴れ予報。

中京芝

先週日曜日は、高速馬場。トラックバイアスは、特になし。
開催4日目を迎えてやや馬場が傷んできている印象で、初日と比べても上がりタイムが出にくくなっている。
伴って、ラスト4F目あたりから加速が始まったレースは最後1Fで失速・タフなタイプの差し馬が台頭しやすい。
逆に、2,3F目で加速し始めたレースでは、後続勢が物理的に届かないため前残りになりやすく、1400m以下でスピード持続力が問われた場合は、なし崩し的に脚を使って(最後は思うように末脚を伸ばせないため)結果的に前残りが発生している状況。また、1200,1400mは内有利がやや残っている印象。
ブラッドバイアスは、日本・欧州いずれかのタイプが好走しやすい。
今週土曜日は、今週土曜日は、高速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは、先週同様の想定。

中京ダート

先週日曜日は、低速・中速馬場。トラックバイアスは・ブラッドバイアスは特にみられない。
今週土曜日は、中速馬場想定。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない想定。