【馬場傾向】2020/04/26[東京][京都][福島]

※今週土曜日時点の馬場から想定しています。

東京

土曜日夜から日曜日にかけて晴れ予報。

東京芝

今週土曜日は、超高速馬場。

上級クラスか、1400mだと、内有利。それ以外はイーブン。
末脚の要求度がかなり高い。スローペースなら前有利も発生。
好走血統は、王道のディープ系やキンカメ系。高速馬場にしては、欧州血統の好走率も高い。

日曜日は、超高速馬場。
土曜日と同じく、上級条件は内有利。
スローペースなら前有利・末脚の要求度高め。ブラッドバイアスも同様の想定。

東京ダート

今週土曜日は、中速馬場。
トラックバイアスについて、未勝利戦は特になし。1勝クラス以上になると、外差し優勢。
ブラッドバイアスについて、明確な傾向はない。

日曜日も、中速馬場の想定。
同じく1勝クラス以上で、外差しの想定。(特に1600m)

京都

土曜日夜から日曜日にかけて晴れ予報。

京都芝

今週土曜日は、高速馬場。

内外の有利は、目立ってなし。前後では、若干差し有利気味な印象にも見える。
※向こう正面:向かい風、ホームストレート:追い風のため、差しが決まりやすい状況ではあった。
距離短縮で高速上がりを繰り出せる馬の好走がパターンとして目立っていた。

トラックバイアスは、明確な傾向なし。
道中の追走スピードもある程度要求されつつ、一定のスタミナも求められつつ、好走上がりも必要なため、種々の血統が走った印象。

日曜日は、高速馬場想定。
内外はイーブン。前後は、風向きが前日同様なこともあり、差しが少し優勢な想定。

京都ダート

今週土曜日は、中速。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは特になし。

日曜日も土曜日と同様。
中速、トラックバイアス・ブラッドバイアスはない想定。

福島

土曜日夜から日曜日にかけて晴れ予報。

福島芝

今週土曜日は、中速馬場。
ラスト3Fで33秒台を繰り出せる馬がいたように、先週比で相当馬場が回復している。

低クラスでは、あくまでも道中の追走でエネルギーロスが激しいため、欧州系などスタミナに秀でたタイプが好走しており、
2R,7Rでは、ディープ産駒やオルフェーヴル産駒の人気馬が飛んでいた。

対して高レベルは、追走でのエネルギー消費が比較的少なくて済む馬たちの集まりなので、後半まで体力が残せる。
11Rの福島牝馬Sでは米国型スピード持続タイプが好走していた。

日曜日は、中速馬場想定。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは、特にない想定。
先週比で軽くなっているとは言え、タフはタフ。道中気分よく回ってこれる馬を狙うのがセオリー。(イン追走→直線馬群縫って抜け出し、などではなく。)

福島ダート

今週土曜日は、超低速馬場。
福島春開催特有の、相当タフな状況。
それもあってか、比較的堅め(実力馬がそのまま上位に来る)。

日曜日は、同様。
超低速馬場。トラックバイアス・ブラッドバイアスは特になし。
狙うなら、大型馬・距離短縮馬がベター。