【馬場傾向】2020/04/18[中山][阪神][福島]

※先週日曜日時点の馬場から想定しています。

中山

今週は、土曜日深夜から降雨。
正午あたりに1時間10mmを越える大雨の予報。

中山芝

先週日曜日は、低速馬場。
どちらかというと、外有利・差し有利傾向。
欧州型のスタミナタイプの好走が目立っていた。

今週土曜日は、雨予報につき、超低速馬場の想定。
今開催の中山芝は、低速化すると(トラックバイアス的には)外差し傾向、(ブラッドバイアス的には)欧州指向が高まる傾向がある。
同傾向に従った傾向となる想定。

また、例年の皐月賞は、週中に一定量の雨が降らなかった場合は、内有利のスピード持続馬場になる傾向がある。
今年はそうはならないと考える方が妥当だろう。(極例になるが、イメージ的にはゴールドシップが勝った2012年のような感じ。)

中山ダート

先週日曜日は、中速馬場。降雨によりやや重での開催だったが、時計の出方は標準的だった。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは特になし。

今週土曜日は、高速馬場想定。
トラックバイアスは、スピード指向が高くなることに伴って、未勝利ダート1200mなどでは先行馬がそのまま残る確率が高そう。
ブラッドバイアスは、特にない想定。

阪神

今週は、土曜日深夜帯に一定量の雨が降る予報。

阪神芝

先週日曜日は、低速馬場。内有利(内回りコースは顕著)。前有利。
そんな馬場状況を外から差し切った桜花賞馬デアリングタクトは、桜花賞だけ見ればアーモンドアイ級とも言える。
今開催の阪神芝は、高速馬場化すると外・差し有利、低速馬場化すると内・前有利になる傾向が顕著。

ブラッドバイアス的には、定まった傾向は特に見受けられない。
短距離はスピード維持能力の高い米国型の好走が多く、それ以上の距離は欧州系の好走が目立っていた印象。どちらかというと、個々の馬場適性に依る。

今週土曜日は、中速馬場想定。
土曜日未明の降雨予報も、そこまで渋った馬場状態にはならない前提。
トラックバイアス的には、高確率で内前有利(今開催の阪神芝の傾向より)。ブラッドバイアス的には大きな傾向は発生しない想定。

阪神ダート

先週日曜日は、降雨の影響もあり、中速・高速馬場。
超差し優勢の、珍しい馬場状況。先行勢は(なぜか)直線を向いた段階で脚が残っていないケースが多かった。また、外を通った馬も恵まれていた。
トラックバイアスとしては、米国型に有利。日本型(トップスピード型)も比較的走りやすい馬場。伴って欧州型には不向き。

今週土曜日は、高速馬場想定。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは特にない見込み。

福島

今週は、土曜日深夜から降雨。
正午過ぎからは1時間10mmを越える大雨の予報。

福島芝

先週日曜日は、低速馬場。ペースに依るが、どちらかというと差し優勢。
(ペースについては、3場開催のローカルなため若手の騎手が多く集まっており、めちゃくちゃなことが多い)

トラックバイアスの内外について、基本的にはイーブンとみてよい。
が、クラス上位になると、少し内有利になる面が見られていた。
※福島芝は、開催が進むにつれて、内有利→外有利→内有利と遷移する傾向が強い。

ブラッドバイアス的には、米国タイプが優勢。
米国タイプでなくても、産駒がダートを主戦場としている種牡馬の好走率が高い印象。
また、近走ダート経験馬の好走率が高い傾向がある。

今週土曜日は、超低速馬場の想定。
内外はイーブン、前後は差し有利の想定。

血統的には、タフさの要求度が上がるため、欧州タイプの激走が見込めそう。
先週の傾向から、米国タイプは、低評価する必要はない印象。
伴って、日本タイプ(ディープ産駒のような高速馬場で切れ味を活かしたい馬など)は、低評価でよい。

福島ダート

先週日曜日は、超低速馬場。追走で精一杯になるため、ゴール前では全馬バテバテな状態。
1700mは底力的な要素が求められるため、実力馬が上位に来やすく、結果的に人気決着していた。

トラックバイアス的には、差し・外追走馬が優勢。距離を問わず、距離短縮が有利。
ブラッドバイアス的には、大きな傾向はない。が、欧州系のタフな血統が走りやすそうな印象。

今週土曜日は、中速馬場の想定。
今開催(厳密には、毎年の春の福島開催)のダートはかなりタフなため、降雨があってもそこそこ時計はかかる想定。
トラックバイアス・ブラッドバイアスは、特に発生しない想定。