【読書感想】競馬の勝ち方 卍

概要

書籍名:競馬の勝ち方
著者名:卍(まんじ。馬券裁判男)
 
競馬の勝ち方 卍
 
「馬券裁判男」として一時期話題になった著者が、予想理論をまとめた書籍。
同著者は、他にも数冊本を執筆していますが、最もわかりやすくまとまっているのは本書です。(逆にいうとそれは、深堀って知りたい人のためには不向き、ということではありますが…)
 
 

主トピック

簡単にいうと、(血統や調教など)何か一つのファクターにこだわるわけではなく、すべてのデータのうち、使えるものを厳選し、そのすべてを使う予想理論。
そこまで大きなプラスにならないデータでも、「チリも積もれば山となる」的な発想で大量にフィルターを通せば、全体としてプラスにできるみたいです。
 
少し具体的にいうと、平均的な馬券回収率が80%だとして、とある回収率90%(平均の80%より10%高い)のデータ2つを掛け合わせて、回収率100%(80%+10%+10%)になるようなデータを作ることができれば良い、というイメージ。
 
で、それを全45つのデータを、予想ソフト(馬王Z)を用いて行っていた、とのこと。
 
 

ひとこと

風の噂で聞いたのですが、卍さん、現在はAI予想ソフト開発に勤しんでいるらしいです。
AI予想の根本的な考え方も上記のようなものですし、それを逆算して予想理論を構築していたんですかね…?(としたらタダの天才。)
 
 

評価まとめ

 

総合点:
予想力:
参考性:
客観性:
 値段:

 
競馬の勝ち方 卍
★Amazonのリンクへ飛びます。