【読書感想】日本競馬頂上分析 著:小林弘明、本島修司

日本競馬頂上分析
 

概要

個人的に、最も本を出して欲しいと思っていた、小林弘明さんの待望の初著。
(※本島修司さんという、競馬著述家の方との対談形式ですが、感想は小林さんメインで。)
 
 

全体構成

 

各予想ファクターの予想への取り入れ方

基本は指数。調教とかもみているらしい。
 

予想の流れ

出走全馬のラップタイムを実測

→JRA公式ラップは超低精度らしく、毎週約24hくらいかけて全部イチから手で計測しているらしい(汗)。

→小林さんの代名詞とも言えるファクター。競馬中継8h分を録画しておき、旗のなびき方などを見ている(汗)(汗)。

ペース補正

→ラストの脚の使い方(=余力を持ってゴールしたかはタイムには現れにくく、スローペースなどを中心に補正をかける。この観点は、指数予想家の至上命題らしい。
 

JRAジョッキーに対する放言

基本悪口。
 

(対談時点の19年7月)日本中距離路線で評価している馬

これは読んでのお楽しみ。
 
 

所感

この労力のぶっ込み方してれば、勝って当然だな、という腑に落ちた感覚(笑)。
 
小林さんの予想手法や使っているデータの作成方法などを具体的に知りたかった私としては、少し拍子抜けした感じ。(あまり手の内を明かしたくない、とのことですし、当然と言えば当然ですが笑)
 
 

評価まとめ

流石の予想力は感じますが、話が全般的に表面的すぎて、買って良かったとは…。
具体的な話がない分参考になるとも言えず、客観的(他人がやっても実現可能)な話にも聞こえず。。
 
強いて得たものを挙げるなら「すごい人はみんな努力している」という観念が強くなったこと、でしょうか。
 

総合点:
予想力:
参考性:
客観性:
 値段:

 
日本競馬頂上分析
Amazonのリンクへ飛びます。